元気ラボで開催しているファスティング講座では、今回ご紹介している酵素ドリンクも含めて、季節ごとの酵素ドリンクを試飲していただいたり、その時に応じて市販の酵素ドリンクもテイスティングしていただきます。

ご自分の好きな味が見つかったらぜひご自宅でも作ってみてくださいね。

 

市販の酵素ドリンクにも、自家製の酵素ドリンクにも、それぞれ良いところがたくさんあります。必ずしも市販の酵素ドリンクは良くない、と決めつけるものでもありません。

普段からコンスタントに酵素ドリンクを取り入れたい方は、市販のものを利用するほうが手軽ですし、栄養価も高く、自分ではなかなかそろえられない野菜や野草のエキスがたっぷり入っています。

一方で費用がかかりますね。

自家製ドリンクは自分の好きな味や入れたいものを季節ごとに自由に組み合わせる楽しみがあります。ただ、作ってすぐに飲めないのと、市販のもののように3年も4年も熟成させておくのも難しい。また作ったあと、冷蔵庫に保管置しておける期間も限られていますが、コストは圧倒的に安くすみます。

 

このようなそれぞれの良い点を踏まえながら、自家製酵素ドリンクに挑戦してみましょう。


【酵素ドリンクレシピ】発酵グレープフルーツスムージー

【材料】
グレープフルーツ 1/2個

リンゴ 1個

酵素ドリンク(原液)大さじ1杯半

 水 50ml程度

 

【作り方】

グレープフルーツは外皮をむき、ざく切り。リンゴは芯だけ取り、ざく切りにし、酵素ドリンク、水とともにミキサーに入れて撹拌して完成。

 


季節の酵素ドリンク(冬編)の作り方

今回ご紹介するのは、もっともとっつきやすいフルーツ酵素ドリンクの作り方です。

フルーツだけの酵素ドリンクなので甘くて飲みやすい。作ったあとはいろいろなもので割って飲むと良いと思います。

【材料】
・冬みかん 3-4個

・ぽんかん 1個

・しょうが スライス2-3枚

・リンゴ小2個

・すだち 1-2個

※上記のが全部で1000gになるように調整してください。

 

※しょうがはお好みで入れてもいれなくてもOK

・オリゴ糖250g

・きび糖 250g

 

 

【作り方】

1. 果物類は一口大に切ります。

2. 果物とお砂糖を交互に容器に入れていきます。

3.蓋を閉めてタオルで全体を包んでおきます。(保温のため 夏は必要なし)

4.1-2日ほどたつと砂糖がほとんど溶けます。目安として3日目ぐらいから1日一回、綺麗に洗った素手で、果物と砂糖をよくかきまぜます。発酵するまでそれを続けます。蓋はガスがたまらないように完全に密閉しないでください。

5.1週間ほどたつと、ガスが発生し、表面に泡が出るようになります。そうなったら発酵している証拠なので、泡が出始めてから1-2日ほどたったら、すべての果物を取り除き、出来上がりです。

※ご家庭の室内温度により、ガスが発生するまでの期間には個体差があります。かなり寒い場合は10日以上かかることもあります。

6.できあがった酵素ドリンクは蓋をゆるめに閉めて保存するか、空気がとおるように一日1回以上蓋を緩めてくださいね。冷蔵庫で3か月位持ちます。

7.出来上がった酵素ドリンクは原液となります。そのまま飲むと甘すぎるので、必ず3-5倍程度に水や無糖の炭酸で割ってお飲みくださいね。

 

※注意事項 容器は必ず事前に煮沸しておいてください。ガラスの瓶が最適です。私はいつも梅酒やフルーツ酒を作る容器を利用しています。

ファスティング講座では、いろいろな酵素ドリンクの作り方や飲み方を詳しくご説明しますので、講座終了後はご自身ですぐにオリジナル酵素ドリンクを作ることができます。

 

ファスティング講座のご案内