秋冬にピッタリの旬スムージー 

スムージーべ0シック講座開催 
2016年10月24日(月)10-12時 
テーマ スーパーフードスムージー 
お申込み
開催場所 元気ラボ

葉のついた蕪をみつけたらすかさず購入~

 

【材料】
蕪の葉 2-3本分
オレンジ 1個
バナナ 1本
水 150ml

 

【作り方】

ミキサーにざく切りしたバナナ、オレンジ、そして蕪の葉、水を入れて撹拌、完成よ。

最近は葉のついた蕪をみつけるのは都心スーパーでは大変かもしれませんが、みつけたらぜひ作ってみて。葉には栄養素がたくさん入っています。アミラーゼが多いので、普段でんぷん質の多いものを摂取している方には本当にお勧めです。

 

キウイと和梨のスムージー

和梨もキウイも皮つきで栄養価の高いスムージー。

 

【材料】

和梨1/2個

キウイ 1個

赤紫蘇 3つまみ

水 100ml

【作り方】

和梨、キウイは皮つきのままざく切りでミキサーへ、その上に水と赤紫蘇を入れて撹拌するだけ。キウイのペクチンで少しゼリー状に固まった感じになるので、スプーンですくって食べてね。美味しいよ。


リンゴとしょうがたっぷり
フルーツスムージー

りんごは冬の間までにたくさんとってくださいね。肌のカサカサもリンゴの水分でしっとり。

 

【材料】

 

りんご(大)1個

しょうが ひとかけ

せとか(またはきよみ)1個

水 100ml

【作り方】

ミキサーに、せとかはいくつかの房に分けて、りんごはざく切り、しょうがはひとかけをそのまま、水を上から注いで、撹拌して完成!


真冬に作りたいターサイスムージー

ターサイはアブラナ科に属するお野菜で、ビタミンAやCがたっぷりです。髪の毛の健康k維持や抗発がん作用、動脈硬化予防など良い成分がたくさん。

 

【材料】

ターサイ 4-8本

はっさく 1個分(皮と取る)

りんご 1/2個

水 100ml

【作り方】

ざくぎりにしたリンゴ、はっさく、ターサイ、水をミキサーに入れて撹拌して完成!


ホットでもアイスでも。
ちぢみほうれん草のあったかスムージー

 

冬ならではのちぢみほうれん草。夏に比べてビタミンCの含有量がなんと三倍にもなると言われています。ぜひ冬に食べましょう~。
1人分
【材料】

ちぢみほうれん草 1-2本

冬みかん 2個

リンゴ 1個
ショウガ 半かけ

水100ml程度
【作り方】
リンゴ、冬みかんは一口大に切ってミキサーへ。しょうがと手でちぎったほうれん草をミキサーに投入。撹拌して完成。温めたい場合はレンジで人肌程度に温めて飲んでね。(写真のトッピングはビーポーレンです


朝をさわやかに迎えたい人のための、冬のフルーツスムージー

イスラエル産のスイーティー。(アメリカ産のものはオロブロンコと言います。)ビタミンCとA、そして食物繊維もあるスイーティと冬みかんとのコラボ。

グレープフルーツより酸味が少ないので、とても飲みやすい美味しいスムージーです。
1人分
【材料】

スイーティ 1個

冬みかん 2個

 

【作り方】

外皮をむいたスイーティと冬みかんを適当な大きさにちぎってミキサーで撹拌して完成。水ーティーの甘皮はとってもとらなくても。一緒にいれた場合、多少苦味が増します。

 


冬に飲む春菊のホット
スムージー

 

鉄分、リン、マグネシウム、カルシウム、ベータカロチン・・・

春菊はお鍋に入れるなかれ。ぜひスムージーで丸ごとの栄養価をいただきましょう~ 。

 

【材料】

春菊3-4本

ラフランス 1/2個(皮つき)

リンゴ 1個(皮つき)

水 50~100ml程度

 

【作り方】

ざくぎりにしたリンゴとラフランス、その上に手で適当な大きさにちぎった春菊と水を入れて撹拌。

耐熱容器に入れ、電子レンジで人肌程度に温めてできあがり。(冷たいままでも美味しくいただけます。)

 

※トッピングはチアシードとアサイーベリーパウダーを。かきまぜて召し上あがれ。


 骨を丈夫にしたかったら、迷わずパセリ・スムージー

 

パセリには、カルシウムを骨に定着させるビタミンKがたっぷり。このような野菜は非常に珍しいのです。さらにビタミンC、ビタミンA、抗酸化作用の強いビタミンEもたっぷりです。このような野菜を添え物だで捨ててしまうのはあまりにももったいなさすぎる。まよわずたくさん食べて!

【材料】

パセリ 2本

冬みかん 2個

リンゴ 1個

水 100ml

 

【作り方】

ざくぎりしたりんご、冬みかん、パセリ、水をミキサーに入れて撹拌するだけ。

 

※お写真はトッピングとして、ビーポーレン、麻の実、フラックスシードを混ぜています。

 


抗酸化力と免疫力強化、そば蜜入りいちごスムージー

そば蜜のはちみつの抗酸化力とともに、そばに含まれるポリフェノールのひとつ、ルチンの助けで疲労回復を図りましょう~。

【材料】

いちご(へた付き) 5-8個

オレンジ 1個

ブルーベリー(トッピング用)数個

いちご(トッピング用)1個

そば蜜 小さじ1杯

そば蜜 トッピング用 ほんの少し

 

【作り方】

いちご、オレンジ、そば蜜を入れて撹拌しグラスに注ぐ。ブルーベリーといちごをトッピングし、その上にそば蜜をトッピングとして少々乗せる。


冬ほうれん草と
フラックスシード
美肌スムージー

フラックスシード(亜麻の実)は、オメガ3がたっぷり。皮膚のしわやたるみの予防にもなると言われていますよ。
【材料】

ほうれん草 1束

ラフランス 1個

冬みかん1個

水 50ml程度

フラックスシード 大さじ1杯

 

ざくぎりにした皮つきラフランス、ほうれん草と冬みかん、フラックスシード、水をミキサーに入れて撹拌してできあがり。

※フラックスシードはあとからトッピングしてもオーケー。

 


柿とすだちの疲労回復
スムージー

 

すだちの汁を入れるだけで味が各段に美味しくなります。すだちがあればぜひ入れてみて。

1人分

【材料】

ラフランス 1/2個(皮ごと)

柿 1個(皮ごと)

ほうれん草 1.束

すだち 1/2個

水 少々

(オプション)マカパウダー こさじ1~2杯

 

【作り方】

すだちはあらかじめ絞っておきます。

ざくぎりにしたラフランス(皮付き)、へたをとった柿(皮つき)、水少々、すだちの汁、ほうれん草を入れて撹拌、グラスに注いでできがり。トッピングにマカパウダーを乗せても。

(お写真は二段スムージーです。フルーツを全体の2/3程度最初に撹拌し、別容器に入れ残りのフルーツ類とほうれん草を撹拌し、グラスに注ぎ、最後に最初のフルーツ類スムージーを乗せます。)


あったか~い、ほうれん草のホットスムージー

1人分

【材料】

リンゴ 1/2個

ラフランス 1/2個

ちぢみほうれん草 5-6本

しょうが 半きれ

お湯(人肌より少し熱め 少し(50-80ml程度)

 

【作り方】

しょうが、皮つきのリンゴ、ラフランスをざく切りにしミキサーに入れる

ほうれん草を手でちぎって上に重ね、お湯を回し入れて撹拌る。

よく混ざったらできあがり。

 

※スムージ-を容器に移してから電子レンジで温めてもオーケーです。

※ほうれん草は普通のものを使用してもオーケーです。


黄金比率で最高のキャロットフルーツ・スムージー

1人分

【材料】

リンゴ1個

ラフランス1/2個

バナナ小1本

人参小1本

水 少々

 

【作り方】
1.ざく切りしたバナナ、ざく切りした皮つきラフランス、リンゴ、人参、水の順にミキサーに入れて撹拌。

2.グラスに注いでできあがり

 

この組み合わせでとっても美味しいキャロットスムージーが完成します。バナナや洋梨が入っているのにべたッとした甘さがなく、とても美味しく出来上がります。


黒胡椒入り洋梨のサンドイッチスムージー

1人~2人分

【材料】
ラフランス 1個

柿 1/2個

大根の葉 2本分

水100ml

(トッピング なくても可)すだちの汁 1/2個分、黒胡椒、ポピーシード

【作り方】
1. ざく切りした皮付きのラフランス、柿、大根の葉、水をこの順番でミキサーに入れて撹拌して完成。

図のように三層に分けることもできます。初心者さんはすべての材料を混ぜるだけでとってもおいしいスムージーができます。

サンドイッチスムージーを作りたい人は・・・

1.ざく切りした果物と水50mlを入れて撹拌し、グラスの底に少し入れる。残りは別容器に移す。

2.ミキサーに別容器に移したスムージーの半分を再びミキサーに注ぎ、大根の葉と残りの水を入れて撹拌。グラスに注ぐ。(二層目)

3.別容器に移したあったフルーツスムージーを最後に注いで(三層目)できあがり!!

※トッピングに絞ったすだち、ポピーシード、黒コショウを入れて少しスパイシーにしてもおいしくいただけます。


柿は皮まで美味しくいただける、柿と王林スムージー

1人分

【材料】王林1/2個、柿 1個

水 100ml程度

【作り方】
1. 王林は皮つきで一口大のざく切り、柿はへたを取って、同じく皮つきでざく切りにします。

2. 果物をミキサーに入れ、水も入れて撹拌してできあがりです。

3.(オプション)トッピングにヘンプシードを乗せます。

 

柿はどんな種類でもかまいません。またリンゴも王林がなければ他の種類でかまいません。


秋が凝縮された、セロリと柿のスムージー(疲れ知らず)

1人分

【材料】 ラフランス1/2個 柿 1/2個、リンゴ1/2個 セロリの葉 ひとつかみ

水 100-120ml程度

 

【作り方】

1. 果物は分量の2/3程度をすべて皮つきのままざく切りにしてミキサーに入れ、水50-60ml程度入れて撹拌する。

2. グラスに注ぐ。

3.残り果物とセロリと残りの水を入れて撹拌し、グラスに静かに注いでできあがり。


秋を感じるリンゴと洋梨
スムージー

1人分

【材料】洋梨1個、リンゴ(ふじ)1個、水50-80ml、すだち1/2個分

 

【レシピ】

洋梨、リンゴは種もとらず皮もむかず、ざく切りにしてミキサーに投入。水を入れて撹拌する。

最後にすだちを絞り入れて完成。

 

(オプション)リンゴの細切れ、あればチアシードをちらす。

 


柿とリンゴの二層
スムージー


二人分
【材料】

・リンゴ(ふじ)1個 ・柿 1個 ・かぶの葉 1個分 ・水100ml程度 ・(あれば)食用菊の花 少々

 

【作り方】

・ざく切りしたリンゴ(皮付き)2/3個、柿(皮つき)、2/3個と水100mlをミキサーに入れて撹拌し、グラスに半分ほど注ぐ

・残りのリンゴと柿、株の葉を入れてミキサーに入れて、撹拌する。

・上部に静かにグラスに注ぎ、菊の葉をトッピング

 

 

 


秋の定番小松菜スムージー

一人分

【材料】
小松菜 小3束

リンゴ 2/3個
冬みかん 1個

水 100ml

 

【作り方】
1. 冬みかんは皮をむき、房を3-4個に分けてミキサーへ入れる。

2. リンゴは皮つきでざく切り(種は取らなくてもよい)、小松菜は手で半分にちぎってミキサーへ投入し、水を注ぐ。

3.撹拌して完成。

4.(オプション)写真ではココナッツシュレッドをトッピングしています。

スムージーのことを勉強したい


 

ピンク・フルーツスムージー

休日の朝に、ゆっくりしたい時に、目でも楽しめる美しいスムージーです。

もちろん栄養価もばっちり。

 

1人分

【材料】

バナナ 小1本または大1/2本

プラム 1個

オレンジ 1個

 

 

【作り方】

1. すべてのフルーツをざく切りにしてミキサーへ投入。

2. 撹拌して、グラスに注いでできあがりです。

 

【ポイント】

※バナナは少量しか入れないので、甘ったるいのがいやな方にも最適です。

※水溶性繊維が多いので長時間放置しても分離しません。

※プラムが手元にない方は、巨峰か種なしブドウで代用できます。(一掴み分)

 


あなたはどんなスムージーが飲みたい??

グリーンスムージーやフルーツスムージー、スーパーフードスムージーなど、星の数ほどのスムージーレシピの中で、こちらのサイトではくろこ厳選のお勧めレシピを常時提供しています。ぜひ日ごろのスムージー作りにお役立てください。


横浜のローフード教室(横浜市青葉区)では、スムージー専門講座をご用意しておりますので、ご自分のオリジナルスムージーを作りたい、よりおいしく、健康のことを考えたスムージー作りをしたい、という方はぜひ一度お越しください。丁寧に説明させていただきます。


また、スムージーソムリエの資格に挑戦してみたい、という方もスムージー専門講座にお越しください。全6回修了しますと、スムージーソムリエの資格試験を受験することができます。


順位 スムージーの種類            %  
1

アサイー、イチゴ、レッドグローブ

35%
2 ブルーベリーとレッドグローブ 18%
3 はちみつといちごとキウイ 24%
4 ブルーベリーとリンゴ、小松菜 18%
4 アボカドと柚子   6%
4 キウイとバナナといちご   6%
4 ターサイとバナナ、オレンジ   6%
5 りんごとほうれん草、ごまとひまわりの種   0%
5 セロリの葉とキウイ、いちご   0%
5 グレープフルーツとレッドグローブ   0%

【冬のあったかスムージー】

【材料】生ペパーミントひとつかみ

春菊 2-3本
柿とリンゴ それぞれ半分ずつ

水 少々

ナツメグ少々

 

上記材料をミキサーで撹拌して完成。オプションで冷凍の種なしブドウ(冷凍ベリー類でも可)と麻の実をのせます。

 

このまま飲んでもおいしいのですが、寒い冬は少し温めて飲むと、さらにおいしさが増します。ぜひお試しください。